世界のお葬式について

人の死とは誰もがやがては巡りつく終点とも言える事です。

世界のお葬式について

世界のお葬式について

人の死とは誰もがやがては巡りつく終点とも言える事です。人間に限らず動物も虫も生きている限りはやがて死を迎えます。その為、人は死を迎えた人に対する儀式として葬式というものを行います。もちろん葬式には宗教的な観点や社会的な理由など様々存在します。日本でも種類は様々ありますが、葬式は執り行われます。日本に限らず世界もその土地柄や宗教な風習を交えた葬式が行われます。もちろんそれらは理解しがたいものも数多くありますが、考え方によってはなるほどと納得するような物も数多くあります。日本での葬式は基本的が火葬です。遺体を燃やして物質だった身体を天に返します。

もちろんそれは宗教的な考え方で、社会的には埋葬する場所を極力小さく抑えるためという意図や衛生的な面があるからです。アメリカなどは宗教にもよりますが、土葬が今でも一般的です。棺桶に遺体をいれそのまま土の中に埋葬します。チベットでは鳥葬というお葬式があります。遺体を荒野にさらし鳥がその死体をついばみます。自然の摂理とともに人間も自然に返すという考えから行われる方法です。泣き葬というものもあります。韓国などでは人の死に対する悲しみを表現するため、遺族以外で泣くことを商業としている人がいます。葬式では大きな声を上げて泣くことで、魂がこの世に残らないようにするといった意味などがあります。このように世界には様々な葬式の形が存在しています。

Copyright (C)2017世界のお葬式について.All rights reserved.