世界のお葬式について

病院での臨終は今の時代において、とても多い最後のパターンです。

病院での臨終と逝去直後の対処と葬式

病院での臨終は今の時代において、とても多い最後のパターンです。葬式までの工程として病院での、逝去直後の対処のポイントを押さえておくといいです。医師によってご臨終告げられます。病院にもより、告知のしかたは違いもあります。死に水や末期の水とも言われ、看取る人たちが逝く人を送り、しめやかにお別れをします。在来仏教では末期の水は、とても大事な葬送儀礼となります。本当は息を引き取る前に、在命中にするものです、でも現実的にはほとんどが、逝去直後におこなっています。そこにいる人は皆順番にして、最初は血縁が濃い人から始めます。末期の水の手順としては、茶碗に水を用意して、新しいガーゼや脱脂綿を割り箸の先に挟観ます。もしくは新しい筆の穂先を使ってもいいです。茶碗に用意して水を含ませて、それを故人の唇へと潤します。

エンゼルケア-湯灌や清拭、身繕いや死化粧もあります。ご遺体の湯灌、身繕い、それに死化粧を行います。遺族が納棺師や葬儀社の力を借りて行います。でも病院でなくなった場合は、死後措置の一環で看護師などがしてくれます。これはエンゼルサービスや、エンゼルケアとも言われます。病院によっては、死化粧をしないこともあって、そのときは葬儀社がするか遺族がします。

Copyright (C)2017世界のお葬式について.All rights reserved.