世界のお葬式について

お葬式とは、亡くなった人の最後の別れとして行われる儀式になります。

葬式の種類の1つ海葬について

お葬式とは、亡くなった人の最後の別れとして行われる儀式になります。日本では一般的にお葬式が終了すると骨をお墓の中にしまうことが多いです。ですが葬式の種類にも様々形式があり、最近では海葬と呼ばれる葬式を行う人も増えているようです。本来海葬を行うのは、海賊や海の上で生活する一部の部族などが行っていた方法になります。海賊は生活上ずっと船の上で暮らします。その為、死んだ後も海とともに生き続けるという意味合いと、船の中では遺体を保管しておけないという理由から遺体をそのままだと見えと投げ入れて行われる葬儀になります。

ですが最近の日本人の中には、この海葬を行う人が増えてきました。もちろんこの葬式を行う場合は生前の遺言などがある場合が殆どです。海が大好きだったからや、生命の始まりである海に戻りたいという意図から希望する人がいます。ただし海賊などが行う海葬とは違い遺体をそのまま海に投げ入れると言うわけではありません。火葬場で遺体をやき灰を海にまくという形がとられます。ただし本人の希望とはいえ、親族からしたらお墓参りに行くことができなくなりという理由から、全ての灰を撒くのではなく一部の灰だけを海にまき、残りはお墓に納めるという場合も多いです。

Copyright (C)2017世界のお葬式について.All rights reserved.