世界のお葬式について

葬式での喪主や遺族の礼装というのは、わきまえないといけません。

葬式での喪主や遺族の礼装

葬式での喪主や遺族の礼装というのは、わきまえないといけません。今までは遺族や親族といった喪家側は、一般的に弔辞では全員が正式礼装を着用するというのが、基本的な部分としてありました。和装と洋装とがありますが、特に格の上下はないです。最近では流れも変わってきていて、男性のパターンであれば略礼装のブラックスーツの着用です。これで通夜や葬儀、それから告別式に臨むパターンです。女性の場合は洋装の正式礼装を通夜に着用します。葬儀と告別式においては、和装の正式礼装を着用するというのがほとんどです。女性の場合はこうして場面において着替えるのが一般的になってはいるものの、全てそうしないと行けないルールではありません。葬儀と告別式でも、服装は洋装にする人は、年々と多くなっています。

男性の場合をもっと掘り下げていうと、シンプルな胸元を意識して、シャツは柄物ではなく白無地です。ネクタイの色は黒無地になります。ブラックスーツは、シングルかダブルを選びます。葬式という場ですから、身につける小物に派手なものは控える必要があります。見た目が派手になるような時計も、アクセサリーも付けません。カフスボタンを付けたいときには、色は黒石のものを選びます。ネクタイピンは付けないことです。

おすすめサイト

  • 大阪の葬儀と言えば実績豊富で安心のこのサイトにご連絡ください

Copyright (C)2017世界のお葬式について.All rights reserved.