世界のお葬式について

お葬式の挨拶の際に何気なく使っていた言葉が、本当はあまり合っていないこともあります。

お葬式の挨拶の際は言葉選びを

お葬式の挨拶の際に何気なく使っていた言葉が、本当はあまり合っていないこともあります。ご冥福をお祈りしますという表現は、よく使われています。よく耳にしたり目にはしますが、これは避けるべき表現でもあります。ご冥福をお祈りしますというのは、なくなったあとの幸福をお祈りしますという意味があります。冥福は、亡者のさまよいいく場所であり、それは地獄道に通じる世界でもあります。できるだけですが、違う言い回しを使ったほうが望ましいです。冥福を祈っていましたの言い換えとしては、哀悼の意を示していましたとか、亡き人を偲んでいましたなどは容認です。

できればお葬式の挨拶のときには、この度はご愁傷様でございますという、とてもシンプルな言葉を口にするのが、最もしっくりくるパターンでしょう。あまり難しくかんなが得すぎることはありませんが、お悔やみ申し上げますとか、哀悼の意を表しますなど、少し考えて表現した方ががいいでしょう。テレビのニュースを見ていると、本当に多いのは、ご冥福をお祈りしますという言い方です。昔からよく目にしますし、今ではインターネットでも目にしたりするので、つい使いたくなります。ですが、もっと適した表現で言葉にしましょう。

おすすめサイト

Copyright (C)2017世界のお葬式について.All rights reserved.