世界のお葬式について

普段であれば華やかな女性は、お肌もピカピカにして、髪も巻いたりアップにしたり、それぞれにおしゃれを満喫しています。

女性の場合の葬式での和装編

普段であれば華やかな女性は、お肌もピカピカにして、髪も巻いたりアップにしたり、それぞれにおしゃれを満喫しています。ですが葬式になったら、いつもの派手なファッションではなく、そのシーンにあった服装やみなりを整える必要性が出てきます。いつもは派手が好きな女性であっても、洋服だけではなく、ネイルやアクセサリーも、この時ばかりは控える必要があります。女性の場合の葬式での和装編として、和装の場合は結婚指輪を省いて、アクセサリーはミニは付けません。腕にしている時計も外して、無くさないようにバッグの中へ入れていきましょう。手荷物バッグや草履は、正式は布製になります。

葬式の時の女性の和装ですが、日本には四季がありますので、そのシーズンを意識夏と冬では気温には大きく差がありますし、大きな寒暖差のない秋や春の季節もあります。その時期にはその季節にマッチした衣類があるように、葬式のシーンでも季節に合っている素材のものを着用することが必要です。具体的にいうと夏の蒸し暑い時期であれば、駒絽や平絽などがいいでしょう。温度が冷え込む冬の時期であれば、一越ちりめんや羽二重などが良いです。衣類で白での統一は、じゅばんに足袋、それに半襟です。黒い色で統一をするのは、帯締めや帯揚げ、バッグや草履などです。ただ帯の場合は、袋帯で地紋の入っているものでも構いません。

おすすめサイト

Copyright (C)2017世界のお葬式について.All rights reserved.